【オンラインイベント】NAMIMATI × BALIISM Japan ファッションイベント Fashion Journey プレゼントキャンペーン

イベント

Fashion Journey

〜春の環境週間に環境と私たちに身近なファッションについて一緒に考えてみませんか〜

というキャッチコピーで、2021/3/20()3/27()1週間、BALIISM Japanさん協賛のもと、オンラインイベントを開催しました!

Instagramにて、ご自身のサスティナブルファッションの写真を投稿していただいた方の中から抽選で、提供していただいたBALIISM Japanさんの人気商品である竹歯ブラシタンブラーなど、6種類のアイテムが当たるプレゼント企画を行いました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝗔𝗥𝗜𝗦𝗔(@applepie_no11)がシェアした投稿

サスティナブルブランド BALIISM Japanさん

BALIISM Japanさんはバリ島発のサステイナブルな商品を企画・製造しているブランドで、

環境にやさしい素材を使用し良いものを長く使ってもらおうということを理念に一つ一つ心を込めてモノづくりをしています。

2020年9月に開催したビーチクリーンイベントでも協賛についてくださり、素敵な商品を提供していただきました!

 

 

 春の環境週間とは?

3/21 国際森林デー international day of forest

3/22 世界水の日 world water day

3/23 世界気象の日 world meteorological day

NAMIMATIは、これら環境dayのある3日間を春の環境週間とし、環境問題とファッションについて考えるきっかけをつくりたいと考えました。

 

エシカルファッションとは?

最近、エシカルファッションという単語を耳にする方も多いのではないでしょうか??

 

倫理的・道徳的なファッション

エシカルファッションの基準は、Ethical Fashion Forumによって、「安価で使い捨て型のファストファッションに反対する」、「生産する労働者の賃金・権利・労働環境を守っている」、「水の使用を最小限にしている」など10の基準が示されています。

「ラナ・プラザ」崩落

エシカルファッションという言葉が広まるようになったきっかけは、

20134月、バングラデシュの首都ダッカ近郊にある8階建の商業ビル「ラナ・プラザ」が崩落し、

死者1,100人以上、負傷者2,500人以上の大惨事となった事故がきっかけです。ビルには縫製工場が入居していて多くの従業員が犠牲になりました。

工場従業員によって事故発生以前から壁などには亀裂が入っているのが発見されていて、地元警察からは退去命令が出ていたのをビルオーナーが無視したという事実があり、これは不慮の事故ではなく人災であったと認定されました。

事件から1か月後、世界のアパレル企業が「バングラデシュにおける火災予防および建設物の安全性に関する協定(The Accord on Fire and Building Safety in Bangladesh)」に署名し、この協定以降アパレル企業は生産現場に責任を持つべきという原則が広まりました。

ファッション汚染について

ファッション産業は、世界で2番目の環境汚染産業とも言われています。

ファッション産業が引き起こす水質汚染

ファッションと水質汚染について、ひとつ例を挙げて紹介します。

ファストファッションの多くは、発展途上国で生産されています。

そういった国々では、規制が整っていないため、製造段階で水質汚染を引き起こしてしまうことがあります。

例えば、ポリエステルはしっかりと適切な管理がされていない限り、製造過程で有害物質が河川に流れ込んでしまう可能性があります。また、洗濯をする際にはマイクロプラスチックを排出してしまいます。

問題は、有害物質が流れ込んでドロドロになった河川や、それに伴い生物や近隣住民の健康被害などの苦しみに対してファストファッションブランドが適切な対応をしていないという事です。

オーガニック繊維のものを選ぶと良いのはどうして?

ファッションでいうオーガニックとは、「オーガニックコットン」を使用した衣類のことを指し、

栽培する際に農薬や化学的な薬剤を使用せずに育てられた綿素材の元となるものです。

オーガニックコットンは、通常のコットンに比べると使用する水の量が少ないため、

水質汚染だけでなく、水の使用量を削減するという点もサスティナブルにつながっています!

実は、選択肢はたくさん!

もちろん、ポリエステルなど全ての化学繊維が環境汚染を引き起こしているとは限らないですし、着る服全てオーガニック繊維のものを購入するのは難しいですよね・・・

オーガニック素材フェアトレード、エコマークなどの認証がついた衣類を購入する、古着を購入する(古着は新しい生産コストがゼロであり、廃棄を減らすことができます!)

衣類を購入する際にはこれらを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

さいごに

NAMIMATIは、今あるモノを大切に扱うこともひとつのアクションなのではないかと考えました!

世代を超えて受け継がれている服やアクセサリーは大切にしようと思えますよね?!

そこには愛着があるからきっと大切に長く使おうと思えるのではないでしょうか?

 

私たちと服との繋がり

服を介した人と人との繋がり

 

その繋がりを思い出す旅に出よう!という意味を込めて今回のイベントをFashion Journeyと名付けました。

 

現在NAMIMATIでは、衣食住についてのイベントを企画中です!

また楽しいイベントをお届けする予定なのでぜひその時はご参加ください!!

 

 

少しでも興味があり、ぜひ今後のイベントに参加したいという方、もしくは協賛してくださる企業様がいらっしゃいましたら、InstagramのDMまたはお問い合わせの方からご連絡お待ちしております!!

 

    Yuria

    526 views

    プロフィール

    ピックアップ記事

    関連記事一覧

    PAGE TOP