「海と海保を知ろう」海上保安協会・渋谷海さくら・NAMIMATI共同イベント

toppage

先日2022年9月9日、総務省内Bicerinカフェ店内にて、海上保安協会様、渋谷海さくら様と共同で海洋教育に関するイベント「海と海保を知ろう」を開催いたしました!
普段のNAMIMATIのイベントとはまた少し異なる雰囲気で海洋教育を行うことができました!

「海と海保を知ろう」とは

海の現状と背景

地球上の水の97.5%を占める”海”は水の循環の大本として地球環境を支え、私たち人間にも大きな恵みを与えてくれており、生命維持に欠かせない存在です。
そして海は生物、鉱物、エネルギーなど資源の宝庫でもあります。そんな海に関する人々の関心が、コロナウイルスの影響で年々低下していってしまっているんです。
環境問題を語るにはこの海に関する海洋問題の話は欠かせません。
しかしながら海への関心がなくなってしまっては、海洋汚染をはじめとする様々な海洋問題を解決するどころかそれを守ろうと働きかける人すらいなくなってしまいます。
そこで「海洋基本法」をはじめとして、様々な自治体や機関、団体が海への関心や理解、そして海洋に関する政策課題に対応できる人材育成を図ることを目的に
”海洋教育”というものに対して前向きな姿勢をとりはじめています。

ビーチクリーンを起源とし、海洋問題への取組みを積極的に行う我々NAMIMATIも海洋教育に関して非常に親和性が高いと感じ、今回は海の豊かさと海の安全を守る海上保安協会様、そしてクリーン活動という具体的なアクションを起こす渋谷海さくら様と協力をし、未来世代(Z世代)に向けたイベントの開催に踏み切りました。

イベント内容

海洋教育には以下のステップがあります。
海に親しむ→海を知る→海を利用する→海を守る 参考:http://www.city.miura.kanagawa.jp/kyouiku/documents/01kaiyoukyouikutoha.pdf

海に親しむ 海を知る 海を利用する 海を守る

海に対する豊かな感受性や海に対する関心を培い、海の自然に親しみ、海に進んで関わろうとする児童・若者を育成。

海の自然や資源、海を取り巻く人や社会との深い関わりについて関心を持ち、進んで調べようとする児童・若者を育成。

海を通じた人の繋がりや海の資源について理解し、それらを持続的に利用する大切さを理解できる児童・若者を育成。

海の環境について調べ、その保全活動などの体験を通して、海の環境保全に積極的に関わろうとする児童・若者を育成。

今回はこの中でも「海を知る」と「海を守る」にフォーカスし、海の安全を守るだけでなく海の環境をも守る海上保安協会の方々から、
海洋問題に対する海上保安協会様のあり方やその取組み、そして海に潜む危険やその対処法などを様々お話しいただきました。
さらに海を日頃から利用している我々自身が海での安全を守ることができるよう、BLS講習もしていただき、実際に体を動かした学習も行いました。

 

NAMIMATIと海洋教育

今回のイベントを通じて

今回の「海と海保を知ろう」では、前回NAMIMATIで行った初のトライセクターリーダー体現イベント「Do you know it’s 海洋ゴミ」における海上保安庁様のご講演時とはまた違った知識を得ることができ、まだまだ私たち自身も海で今起きていることについて知らない部分がたくさんあると実感することができました。
それと同時に海洋教育の可能性について感じることができたのも事実です。今回は初回であったこともありクローズドのイベントとし、NAMIMATIメンバーに限定して30名ほどを対象に行いましたが、普段から毎月行っているビーチクリーンにより”海に親しみ”を持ち触れる機会も多いメンバーは、今回のお話を聞いて”海への理解”が広がり、そして深くなり、もっと「海」というものに関して発信をしたい、本当の意味で守っていきたい、もっともっとたくさんの知識を得ていきたいと口にするメンバーが多く見受けられました。

海洋教育というと小学生世代がフォーカスされがちですが、近い将来社会を担うことになるのはZ世代である我々世代であると感じています。
NAMIMATIは緊急性を要する海洋問題に対して、すぐに変革を起こせるよう子供世代だけでなくZ世代にも焦点をあて取り組みを行なってきており、
これからもその取り組みは今回はイベントを通じてこのことに対する意義を改めて十分に感じとることができました。

今後の取り組みについて

今後もNAMIMATIらしいやり方で、ビーチクリーン及び海上保安協会様などと連携した海洋教育を進めていきます。
今後はオープンのイベントとしてメンバー以外の方にもご参加いただけるようなイベントを展開していきますので、
ぜひとも皆さまにもご参加いただき、海の現状や海と触れ合うことの楽しさを感じていただければと思っています。
ビーチクリーンのイベントなどは毎月行っているため、ぜひともInstagramなどから情報をキャッチください!

    Sora

    2,098 views

    プロフィール

    ピックアップ記事

    関連記事一覧

    PAGE TOP